のーぶっく、のーらいふ

僕が読んだ本(ビジネス書、小説、ノンフィクションなど)の紹介をしていきます。

日本人の生き方とは? 『歴史が教えてくれる日本人の生き方』から学ぼう

『歴史が教えてくれる日本人の生き方 / 白駒 妃登美』

読書後感想とツイート

その地域に根ざした人々の遺伝子は時を越え、今もなお生き続けている。ーー自分たちの世代だけでなく、次の世代のためにーー先代の人々の国を思う気持ちが今の日本をつくっているということを知って、胸が熱くなった。歴史の教科書で紹介されていないけれど、日本の精神文化の発展に寄与した人たちがいることを知ってほしい。

[ https://i.bookmeter.com/reviews/68121600]




こんにちは、大関(@nobooknolifeso)です。

今回、紹介するのは

『歴史が教えてくれる日本人の生き方 / 白駒 妃登美』

です。


「歴史」に関する書籍を読むことが
多くなりました。
歴史に関して、まだまだ知らないこと
ばかりですけどね。


これまで歴史というと
趣味・嗜好として知識を取り込む
という意識だったんですけど、

『天皇論』を読んだりしていく中で、
一般教養として歴史を知りたい
と考えるようになりました。


本書では、日本全国それぞれの土地から、
その土地にゆかりのある人物や事象に
スポットをあてて行きます。


本書で紹介されている土地は以下の通り

  • 千葉
  • 伊勢
  • 島根
  • 福岡
  • 和歌山
  • 徳島
  • 岐阜
  • 福井
  • 新潟
  • 仙台
  • 鹿児島
  • 山形
  • 岡山


日本史の教科書では紹介されていない人物も
紹介されています。


僕たち日本人が名前を知らなくても
異国の地で日本人としての誇りを胸に
異国の農民のために頑張った
八田與一や明石元二郎のエピソードには
胸に迫るものがありました。


先人たちがそれぞれの土地や国で
紡いできた絆は、切れることなく
現代まで続いています。

終わりに

先人たちがいたからこそ、
僕たちは現代社会を生きている。
その先人たちが遺してきたものを次世代に
向けて遺していくことは僕たちの世代の
役目でもあります。


遺していくために必要なことは、まずは知ることですね。


読書の世界へ、いってらっしゃい!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
本好きなあなた、読者登録お願いします!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■