のーぶっく、のーらいふ

僕が読んだ本(ビジネス書、小説、ノンフィクションなど)の紹介をしていきます。

2月買った本③




今回、買った本

こんにちは、大関@nobooknolifeso)です。

今日、読み終わった本

『依存症ビジネス――「廃人」製造社会の真実 / デイミアン・トンプソン』

新聞広告で気になって購入しました。
あなたは「依存症」と聞いて何を思い浮かべますか?


「薬物」「アルコール」


といったものを思い浮かべる人が多いのではないかな? と思います。


本書を読むまで依存症は、自分には関係のない病気だと思っていました。
現代社会において、依存するのは薬やアルコールだけに限りません。iPhoneやお菓子、買い物やインターネットポルノなど多岐に渡って無意識のうちに僕たちを依存させるように仕組まれているのだとわかると「ゾッ」としました。


依存症は病気ではなく、習慣になっているのです。だとすると、僕は読書依存症なのか?

気を取り直して、買った本の紹介です。

『快感回路---なぜ気持ちいいのか なぜやめられないのか (河出文庫) / デイヴィッド・J・リンデン』

『ルールを変える思考法 (角川EPUB選書) / 川上量生』

前回の記事

『「超」入門 失敗の本質 日本軍と現代日本に共通する23の組織的ジレンマ / 鈴木 博毅』

を取り上げましたが、その中でルールを変えることについて書かれていたので実践的にルールを変える思考法を身につけたいと思ったので手に取ってみました。「〜思考法コレクター」にならないように気をつけないと……!
是非、この書籍で考えたことなど共有したい!


『火星からの侵略―パニックの心理学的研究 / ハドリー・キャントリル』

昔、特命リサーチ200Xだったか、奇跡体験!アンビリバボーだったかで取り上げられていた。社会心理、集団心理について勉強しよう。



読書の世界へ、いってらっしゃい!


読者登録お願いします!